本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:クスサン

クスサン
[ヤママユガ科]
秋に羽化する大型のガ。光に集まる。開張90~120mm
見られる時期:秋

→詳細

写真:クスサン(幼虫)

クスサン(幼虫)
[ヤママユガ科]
様々な樹種の葉を食べる。その風貌から「しらがたろう」というあだ名がついている。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:クツワムシ

クツワムシ
[キリギリス科]
クズの葉を好んで食べる。体色は緑色のものと褐色のものがいる。「ガチャガチャ」と鳴く。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:クビアカトラカミキリ

クビアカトラカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木で産卵、交尾のため集まる。分布は局地的。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クマバチ

クマバチ
[コシブトハナバチ科]
大型のミツバチの仲間。春から秋にかけて花粉や蜜を集める。枯れ木に穴をあけて巣を作る。ほとんど人に関心を持たない。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クリストフコトラカミキリ

クリストフコトラカミキリ
[カミキリムシ科]
春、クヌギやコナラの伐採木上に産卵、交尾のため集まる。分布は局地的。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:クルマスズメ

クルマスズメ
[スズメガ科]
スズメガの仲間。幼虫はノブドウやエビヅルの葉を食べる。光によく集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:クルミハムシ

クルミハムシ
[ハムシ科]
オニグルミの葉の上でよく見られる。卵が腹部にいっぱいに入った状態のメスがよく見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:クロアゲハ

クロアゲハ
[アゲハチョウ科]
幼虫はカラスザンショウ、ミカンなどのミカン科の植物の葉を食べる。夏に花で吸蜜する姿がよく見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:クロカナブン

クロカナブン
[コガネムシ科]
夏、樹液に集まる。アオカナブンと比べて個体数が少ない。
見られる時期:夏

→詳細

写真:クロカミキリ

クロカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はマツ類の朽木を食べる。成虫は光によく集まる。防風林にクロマツが植えられていることから海岸沿いの街灯でよく見られる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:クロコガネ

クロコガネ
[コガネムシ科]
広葉樹の葉を食べる。光によく集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:クロコノマチョウ

クロコノマチョウ
[タテハチョウ科]
薄暗い森林でよく見られる。温暖化の影響で分布を拡大している。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クロゴキブリ

クロゴキブリ
[ゴキブリ科]
自然下では朽木などを食べる。民家に侵入し繁殖。人間には嫌われ者である。
見られる時期:春・夏・秋・冬

→詳細

写真:クロシデムシ

クロシデムシ
[シデムシ科]
日本産シデムシ最大種。野生動物の死体を食べる分解者。体長25~40mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:クロジョウカイ

クロジョウカイ
[ジョウカイボン科]
黒いジョウカイボンの仲間。肉食性。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:クロスズメバチ

クロスズメバチ
[スズメバチ科]
小型のスズメバチの仲間。土中に巣を作る。秋に巣を掘り起こし「ハチノコ」として古くから人間の食料となってきた。
見られる時期:春・夏・秋・冬

→詳細

写真:クロトゲハムシ

クロトゲハムシ
[ハムシ科]
河原などのススキの葉上で静止している姿が見られる。体中がトゲに覆われている。体長4~5mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索