本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:クロニセリンゴカミキリ

クロニセリンゴカミキリ
[カミキリムシ科]
ダケカンバやハルニレの葉を食べる。葉の上で静止している姿が見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:クロハナムグリ

クロハナムグリ
[コガネムシ科]
黒地に白い斑紋のあるハナムグリ。多くの花に集まる他、産卵のために朽木に集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:クロヒラタカミキリ

クロヒラタカミキリ
[カミキリムシ科]
アサダ、クヌギなどの伐採木に産卵、交尾のため集まる。個体数少ない。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:クロフヒゲナガゾウムシ

クロフヒゲナガゾウムシ
[ヒゲナガゾウムシ科]
枯れ木の上を這っている姿が見られる。とても敏感で外敵の気配を感じると素早く飛んで逃げる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:クロボシツツハムシ

クロボシツツハムシ
[ハムシ科]
春、クヌギやサクラの葉を食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:クロマダラソテツシジミ

クロマダラソテツシジミ
[シジミチョウ科]
元々南方系のチョウだが、温暖化の影響で分布を急速に拡大している。各地で食草であるソテツが加害されたことにより枯れている。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:クロマルハナバチ

クロマルハナバチ
[ミツバチ科]
ノネズミの巣穴を利用し巣をつくる。大型のマルハナバチ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クロモンキリバエダシャク(幼虫)

クロモンキリバエダシャク(幼虫)
[シャクガ科]
幼虫は腹部の横に奇妙な突起物が生えている。シャクトリムシの仲間。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:クロルリトゲハムシ

クロルリトゲハムシ
[ハムシ科]
ススキの葉の上で静止していることが多い。体中にトゲを備えている。クロトゲハムシによく似ている。体長4~5mm
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:クワカミキリ

クワカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はクワの生木を食べる。大型のカミキリムシ。クワの若い枝が途中から折れて垂れ下がっていることがあるが本種の成虫がかじった痕である。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:クワコ

クワコ
[カイコガ科]
カイコの祖先だといわれている。幼虫はクワの葉を食べる。光によく集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ゲンジボタル

ゲンジボタル
[ホタル科]
夏の風物詩。集団で発光しコミュニケーションを行う。水質汚染、農薬の影響を受けやすい。幼虫はカワニナなどの巻貝を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:コウヤツリアブ

コウヤツリアブ
[ツリアブ科]
白い腹部が特徴的。幼虫はドロバチなどに寄生する。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:コオニヤンマ

コオニヤンマ
[サナエトンボ科]
名前にヤンマとあるがサナエトンボの仲間。頭部が小さく、左右の複眼が離れているためオニヤンマとはすぐ区別がつく。体長80~90mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:コカブトムシ

コカブトムシ
[コガネムシ科]
オスはとても小さいがツノをもっている。胸部のへこみが特徴的。体長18~26mm
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:コカマキリ

コカマキリ
[カマキリ科]
コガタのカマキリ。茶色い体色は薄いものから濃いものまで変異がある。カマの内側の黒白模様が本種の特徴。体長45~60mm
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:コガタスズメバチ

コガタスズメバチ
[スズメバチ科]
オオスズメバチを小型にしたようなハチ。性格は比較的おとなしいが民家の軒下などに営巣するため刺される事故が多い。体長22~30mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:コキマダラセセリ

コキマダラセセリ
[セセリチョウ科]
翅の色が明るいオレンジ色。高原や林緑で見られる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索