本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:サカハチクロナミシャク

サカハチクロナミシャク
[シャクガ科]
幼虫はツツジ科、シラカバの葉を食べる。成虫は昼間活動し、ツツジの花の蜜を吸うために、花のまわりを忙しく飛び回る。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:サカハチチョウ

サカハチチョウ
[タテハチョウ科]
翅を広げると逆さの八の字の模様となることが名前の由来。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:サトキマダラヒカゲ

サトキマダラヒカゲ
[タテハチョウ科]
山地に生息している。近縁種にヤマキマダラヒカゲがいるが本種は低標高地に分布し、すみ分けをしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:サビカミキリ

サビカミキリ
[カミキリムシ科]
夏の夜、マツ類の伐採木に産卵、交尾のため集まる。各地で普通に見られる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:シオヤアブ

シオヤアブ
[ムシヒキアブ科]
草原などで他の昆虫を捕獲して食べる。オスの腹部末端は白い毛の束がある。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:シモフリスズメ

シモフリスズメ
[スズメガ科]
大型のスズメガの仲間。夜中花の前でホバリングしながら吸蜜する。開張110~130mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:シャチホコガ(幼虫)

シャチホコガ(幼虫)
[シャチホコガ科]
幼虫は各種落葉広葉樹の葉を食べる。幼虫は変わった形態をしており、その姿がシャチホコににることからこの名がついた。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボ
[トンボ科]
他のアカトンボより一回り大きく、目の覚めるような真っ赤な体色をしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ショウリョウバッタ

ショウリョウバッタ
[バッタ科]
日本産バッタ最大種。都会でも見られ、「キチキチキチ」と鳴く。体長50~90mm
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:シラホシカミキリ

シラホシカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木の上に産卵、交尾のため集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:シロオビアワフキ

シロオビアワフキ
[アワフキムシ科]
春、植物の茎に白いアワがついているのが見られるが本種の幼虫がつくったもの。成虫になると小さなセミのような形態になる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:シロオビナカボソタマムシ

シロオビナカボソタマムシ
[タマムシ科]
春、キイチゴの葉の上で静止しているすがたが見られる。幼虫はキイチゴの茎の中を穿孔しながら食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:シロコブゾウムシ

シロコブゾウムシ
[ゾウムシ科]
真っ白で背中にコブがあるゾウムシ。クズやハギなどの葉を食べる。よく似たヒメシロコブゾウムシは背中が黒っぽい。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:シロシタホタルガ

シロシタホタルガ
[マダラガ科]
赤い頭部と黒い翅がホタルの体色に似ていることが名前の由来。ホタルガに非常によく似ている。
見られる時期:夏

→詳細

写真:シロシタホタルガ(幼虫)

シロシタホタルガ(幼虫)
[マダラガ科]
分泌液に触れるとかぶれるので注意ば必要。サワフタギ、クロミノニシゴリなどのハイノキ科植物の葉を食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:シロスジカミキリ

シロスジカミキリ
[カミキリムシ科]
日本産カミキリムシ最大種。幼虫はブナ科の木の中を穿孔し、鉄砲虫と呼ばれる。夏のクワガタムシ採集の時によく出会う。体長45~52mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:シロテンハナムグリ

シロテンハナムグリ
[コガネムシ科]
夏、樹液や花に集まるコガネムシの仲間。この仲間は上の硬い翅を閉じたまま下の薄い翅をはばたかせ飛翔することができる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:シロトラカミキリ

シロトラカミキリ
[カミキリムシ科]
春、各種広葉樹伐採木に産卵、交尾のため集まる。また花にも集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索