本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:シロヒゲナガゾウムシ

シロヒゲナガゾウムシ
[ヒゲナガゾウムシ科]
広葉樹のまきや伐採木に集まる。オスの触角は長いがメスは短い。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:シロヒトリ

シロヒトリ
[ヒトリガ科]
幼虫はスイバやギシギシなどスイバ科の葉を食べる。成虫の翅は真っ白で腹部と脚が部分的に赤く美しい。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:シロヘリクチブトカメムシ

シロヘリクチブトカメムシ
[カメムシ科]
肉食性のカメムシ。光によく集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:シロモンクロノメイガ

シロモンクロノメイガ
[ツトガ科]
黒地に白い斑紋が特徴。光によく集まる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:シータテハ

シータテハ
[タテハチョウ科]
寒冷地に生息するチョウであり九州などでは稀。翅の裏にC型の紋があることが名前の由来。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ジガバチ

ジガバチ
[ジガバチ科]
成虫はガの幼虫を毒針で麻酔して捕獲する。巣穴まで運びいれ、卵を産みつけて穴を埋める。孵化したハチの幼虫は動けないガの幼虫を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ジャコウアゲハ

ジャコウアゲハ
[アゲハチョウ科]
オスは捕まえると麝香のような香りを出す。体内に毒を持つ。鮮やかな体色をしているがこれは鳥などの外敵に対する警戒色である。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ジャコウアゲハ(幼虫)

ジャコウアゲハ(幼虫)
[アゲハチョウ科]
毒草であるウマノスズクサを食べ、体内に毒を貯蔵する。奇抜な体色は鳥などの外敵に対する警戒色である。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ジャノメチョウ

ジャノメチョウ
[タテハチョウ科]
翅の模様の目玉が「蛇の目」に見えることからこの名がついた。花や果実、獣糞に集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:ジュウシチホシハナムグリ

ジュウシチホシハナムグリ
[コガネムシ科]
体色が黒いものと赤いものがいる。背面の黄色い斑紋が17個あることが名前の由来。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ジョウカイボン

ジョウカイボン
[ジョウカイボン科]
肉食性で花や葉の上で他の昆虫を捕えて食べる。よくカミキリムシに間違えられる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ジョウザンミドリシジミ

ジョウザンミドリシジミ
[シジミチョウ科]
朝早く植樹であるコナラ林などで飛んでいる。日の光を浴びて飛翔する姿は非常に美しい。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:スキバホウジャク

スキバホウジャク
[スズメガ科]
ホバリングしながら花の蜜を吸う。翅が透き通っているのが名前の由来。飛んでいる姿はハチそっくり。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:スゲハムシ

スゲハムシ
[ハムシ科]
高層湿原の花に集まる。青、赤、金、銅色と色のバリエーションが豊富で美しい。別名キヌツヤミズクサハムシ。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:スジクワガタ

スジクワガタ
[クワガタムシ科]
背中に縦筋の入ったクワガタ。コクワガタと混同されることが多い。コクワガタよりも山地性の傾向がある。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:スジグロシロチョウ

スジグロシロチョウ
[シロチョウ科]
モンシロチョウにそっくりであるが、翅脈が黒い点で見分けられる。また本種は薄暗い場所を好んで飛翔する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:スジグロチャバネセセリ

スジグロチャバネセセリ
[セセリチョウ科]
幼虫はイネ科のカモジグサ、ヒメノガリヤスなどを食べる。ヘリグロチャバネセセリにそっくりである。
見られる時期:夏

→詳細

写真:スジベニコケガ

スジベニコケガ
[ヒトリガ科]
幼虫は地衣類を食べる。成虫は赤と黄色の美しい色をしている。光に集まるほか花にもくる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索