本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:スジボソヤマキチョウ

スジボソヤマキチョウ
[シロチョウ科]
幼虫はクロツバラ、クロウメモドキの葉を食べる。大型のシロチョウの仲間。渓流沿い、雑木林にて見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:スジモンヒトリ

スジモンヒトリ
[ヒトリガ科]
白、もしくは黄色の翅に山形の黒い筋模様がある。光によく集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:スズキハラボソツリアブ

スズキハラボソツリアブ
[ツリアブ科]
ニトベハラゾソツリアブに似るが本種の触角は全て黒い点で見分けられる。ニトベ・・・は付け根が黄色。花の蜜を吸う。
見られる時期:秋

→詳細


写真:スナムグリヒョウタンゾウムシ

スナムグリヒョウタンゾウムシ
[ゾウムシ科]
海浜性のゾウムシ。朽木などの下に隠れている。日本海側に分布。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:スミナガシ

スミナガシ
[タテハチョウ科]
大型の真黒なチョウ。夏場樹液を吸う姿が見られる。翅の黒い色が墨のようだ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:セアカツノカメムシ

セアカツノカメムシ
[ツノカメムシ科]
背中の中心部分(小楯板)が赤いことからこの名前がついた。オスは腹部先端に赤いハサミ状の突起物をもつ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:セイヨウミツバチ

セイヨウミツバチ
[ミツバチ科]
養蜂のため海外から輸入されたミツバチ。ニホンミツバチは腹部が黒っぽいがセイヨウミツバチはオレンジ色をしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチ
[スズメバチ科]
都市部でよく見られるアシナガバチの仲間。秋越冬のため民家の中によく入り込む。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:セスジスズメ

セスジスズメ
[スズメガ科]
背中に一筋の線が入ることが本種の名前の由来。光によく集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:セスジスズメ(幼虫)

セスジスズメ(幼虫)
[スズメガ科]
ヤブガラシの葉を好んで食べる。腹部横面の眼状の模様が特徴。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:セダカコブヤハズカミキリ

セダカコブヤハズカミキリ
[カミキリムシ科]
歩行性のカミキリムシ。飛ぶための翅が退化し、その変わりに体がとても硬い。秋、越冬するため枯れ葉の中に潜り込む。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:セッケイカワゲラ

セッケイカワゲラ
[クロカワゲラ科]
冬、雪の上で活動するセッケイカワゲラ属の仲間の総称。雪の中の藻類や原生動物を食べる。
見られる時期:春・冬

→詳細


写真:セマダラコガネ

セマダラコガネ
[コガネムシ科]
背中の模様は個体によって異なる。夏、花粉を食べに花に集まる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:セモンジンガサハムシ

セモンジンガサハムシ
[ハムシ科]
背中が金色に輝く美しいハムシ。死ぬと輝きを失う。サクラなどのバラ科の葉を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:センノキカミキリ

センノキカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はセンノキ、タラノキ、ヤツデなどウコギ科の生木を食べる。成虫はウコギ科の若い茎を齧り部分枯れにする。
見られる時期:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索