本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ナガゴマフカミキリ

ナガゴマフカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木や枯れ木に交尾、産卵のため集まる。個体数多い。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ナガヒョウタンゴミムシ

ナガヒョウタンゴミムシ
[オサムシ科]
畑や草原で見られるゴミムシの仲間。体がひょうたんのような形をしているのが名前の由来。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ナガメ

ナガメ
[カメムシ科]
アブラナ科植物で吸汁する。菜の花についているカメムシなのでナガメという名がついた。都市部にも多い。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ナキイナゴ

ナキイナゴ
[バッタ科]
乾いた草地に生息する小型のバッタ。「シャカシャカ」と鳴く。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ナツアカネ

ナツアカネ
[トンボ科]
アキアカネより少し小型の赤とんぼ。秋成熟すると顔から腹部まえ真っ赤になる。体長40mm
見られる時期:夏・秋・冬

→詳細

写真:ナナフシモドキ

ナナフシモドキ
[ナナフシ科]
体色は緑~茶褐色まで変異がある。木々の中で静止している姿は枝そのもの。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:ナナホシテントウ

ナナホシテントウ
[テントウムシ科]
背中に七つ黒い模様がある多くの人になじみのある昆虫。アブラムシを食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ナナホシテントウ(幼虫)

ナナホシテントウ(幼虫)
[テントウムシ科]
都内から山地までおなじみの昆虫。幼虫も成虫もアブラムシを食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ナミテントウ

ナミテントウ
[テントウムシ科]
背中の斑紋は非常に多くの変異がある。ナナホシテントウと同様に都市部から山地まで広く分布している。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ニイジマトラカミキリ

ニイジマトラカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木や枯れ木に交尾、産卵のため集まる。個体数多い。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ニジゴミムシダマシ

ニジゴミムシダマシ
[ゴミムシダマシ科]
虹色の金属光沢があり美しい。朽木をひっくり返すと無数いることがある。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ニジュウヤホシテントウ

ニジュウヤホシテントウ
[テントウムシ科]
ナス科植物の葉を食べる農業害虫。同じテントウムシでもナナホシテントウはアブラムシを食べてくれる益虫。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ニセクロホシテントウゴミムシダマシ

ニセクロホシテントウゴミムシダマシ
[ゴミムシダマシ科]
舌をかみそうなほどよくわからない名前だがゴミムシダマシ科の昆虫。よく似た種にクロホシテントウゴミムシダマシがいる。体長約3mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ニセシラホシカミキリ

ニセシラホシカミキリ
[カミキリムシ科]
ツバキやサワフタギの葉を食べる。よく飛ぶため見つけるのが難しい。別名は鳥取県の大山にちなんでダイセンカミキリ
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ニセミカドアツバ

ニセミカドアツバ
[ヤガ科]
幼虫はアラカシの葉を食べる。よく似た種にミカドアツバがいる。本種のように翅に白い部分はない。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ニッポンヒゲナガハナバチ

ニッポンヒゲナガハナバチ
[コシブトハナバチ科]
触角が非常に長いハナバチの仲間。
見られる時期:春

→詳細

写真:ニトベエダシャク(幼虫)

ニトベエダシャク(幼虫)
[シャクガ科]
サクラやリンゴなどのバラ科の葉を食べる。体色が真っ白なのでよく目立つ。
見られる時期:春

→詳細

写真:ニホンミツバチ

ニホンミツバチ
[ミツバチ科]
セイヨウミツバチが移入したことにより近年減少している。樹洞や地中に巣をつくる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索