本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ニレノミゾウムシ

ニレノミゾウムシ
[ゾウムシ科]
ケヤキなどのニレ科の葉を食べる。危険を感じると発達した後ろ脚で「ピン」と跳ぶ。冬、樹皮下で越冬している。体長2~3mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ニワハンミョウ

ニワハンミョウ
[ハンミョウ科]
低地から山地に生息するハンミョウの仲間。素早く地面を徘徊して他の昆虫を捕食する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ネキトンボ

ネキトンボ
[トンボ科]
翅の付け根がキレイな黄色~赤色をしていることが名前の由来。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ネギオオアラメハムシ

ネギオオアラメハムシ
[ハムシ科]
ネギ、ノビルなどを食べる大型のハムシ。アザミオオハムシによく似ている。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタ
[クワガタムシ科]
子供たちの人気者。里山など低標高地に多い。小型の個体はアゴがまっすぐになる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索