本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ヒメヒゲナガカミキリ

ヒメヒゲナガカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木や枯れ木に産卵、交尾のため集まる。日本各地で普通種である。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヒメボタル

ヒメボタル
[ホタル科]
山地に生息し、ゲンジボタルが光り終わるくらいの時間にフラッシュのように「ピカッピカッ」と光る。メスは飛ぶための翅が退化して飛べない。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヒメヤママユ

ヒメヤママユ
[ヤママユガ科]
幼虫は各種広葉樹の葉を食べる。秋に成虫になり、光によく集まる。成虫になると口はなくない何も食べない。
見られる時期:秋

→詳細


写真:ヒラタクワガタ

ヒラタクワガタ
[クワガタムシ科]
南日本を中心に分布するクワガタムシ。はさむ力は日本産クワガタNO1である。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ヒラヤマコブハナカミキリ

ヒラヤマコブハナカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はアカメガシワ、カエデなどの樹洞内を食べる。樹洞に依存している。その生態が解明されるまでは稀にしか発見されない虫であった。
見られる時期:春

→詳細

写真:ヒロズキンバエ

ヒロズキンバエ
[クロバエ科]
黒っぽい体色をしているが光があたると美しい金属光沢をしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ヒロヘリアオイラガ(幼虫)

ヒロヘリアオイラガ(幼虫)
[イラガ科]
サクラやモミジの葉を食べる。触ると刺される。都会でもよく見かける。成虫は緑色の翅をもち刺すことはない。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ビロウドコガネ

ビロウドコガネ
[コガネムシ科]
黒いビロード状の毛で覆われるコガネムシ。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ビロウドツリアブ

ビロウドツリアブ
[ツリアブ科]
早春、花から花へ忙しく飛び回り、花の前でホバリングしながら吸蜜している姿を見られる。
見られる時期:春

→詳細


写真:ビロウドハマキ

ビロウドハマキ
[ハマキガ科]
ハマキガの仲間。翅を閉じている姿はガには見えない。西日本を主な分布域としているが近年分布を広げている。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:フクラスズメ

フクラスズメ
[ヤガ科]
民家や納屋などで集団越冬する。下の翅は青く美しい。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:フクラスズメ(幼虫)

フクラスズメ(幼虫)
[ヤガ科]
コアカソやカラムシの葉を食べる。時に大発生し、食草を丸坊主にしてしまう。危険を感じると上半身を激しく振って威嚇する。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:フジコブヤハズカミキリ

フジコブヤハズカミキリ
[カミキリムシ科]
後翅が退化した歩行性のカミキリムシ。非常に硬い。秋、越冬するために丸まった枯れ葉の中に入り込む。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:フタイロカミキリモドキ

フタイロカミキリモドキ
[カミキリモドキ科]
春、多くの花に集まる。オスの後ろ脚は太く発達している。カミキリモドキ科に属す。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:フタオビミドリトラカミキリ

フタオビミドリトラカミキリ
[カミキリムシ科]
黄色地に二筋の黒い斑紋が入ったトラカミキリの仲間。各種広葉樹の伐採木に集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:フタスジハナカミキリ

フタスジハナカミキリ
[カミキリムシ科]
夏、ノリウツギなどの花に花粉を食べに集まる。翅の斑紋は個体変異があり、富士山周辺のものはハスジ状の斑紋となり、ハスジハナカミキリと呼ばれる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:フタスジヒラタアブ

フタスジヒラタアブ
[ハナアブ科]
花に集まりで蜜や花粉を食べる。腹部の黄色の横縞が山型になっているのが特徴。
見られる時期:春・秋

→詳細

写真:フタトガリコヤガ(幼虫)

フタトガリコヤガ(幼虫)
[ヤガ科]
フヨウ、ムクゲ、オクラの葉を食べる。大きな葉の上で夢中で食べているので目立つ。
見られる時期:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索