本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:フチグロヤツボシカミキリ

フチグロヤツボシカミキリ
[カミキリムシ科]
緑色の光沢が非常に美しいカミキリムシ。ホオノキの葉脈や葉柄を食べる。ハンノアオカミキリによく似ている。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ブチヒゲハナカミキリ

ブチヒゲハナカミキリ
[カミキリムシ科]
夏、ノリウツギやツルアジサイなどの花に集まる。触角が黒と白のブチになっているためブチヒゲ。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ヘリグロチャバネセセリ

ヘリグロチャバネセセリ
[セセリチョウ科]
幼虫はヤマカモジグサ、ヒメノガリヤスなどのイネ科植物を食べる。スジグロチャバネセセリによく似ている。
見られる時期:夏

→詳細


写真:ヘリグロベニカミキリ

ヘリグロベニカミキリ
[カミキリムシ科]
広葉樹の伐採木の集まる。中型の非常に美しいカミキリムシ。べニカミキリとよく似ているが、本種の胸部は黒く縁取られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ベニカミキリ

ベニカミキリ
[カミキリムシ科]
枯れたタケに産卵し、幼虫は竹の内部を食べて成長する。成虫はクリなどの花に集まり花粉を食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ベニシジミ

ベニシジミ
[シジミチョウ科]
春、暖かくなると草原を飛翔する姿が見られる。幼虫はスイバやギシギシなどのタデ科植物を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ベニトンボ

ベニトンボ
[トンボ科]
平地の沼や池で見られる。体色はショウジョウトンボなどの一般的なアカトンボと比べると紫がかった赤といった感じ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ベニヒカゲ

ベニヒカゲ
[タテハチョウ科]
高山性のチョウだが北海道では平地でも見られる。カヤツリグサ科やイネ科の葉を食べる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ベニヒラタムシ

ベニヒラタムシ
[ヒラタムシ科]
その名の通り紅色の平たい虫。朽木の樹皮下で小昆虫を捕食する。早春、暖かくなると飛翔する姿が見られる。日本中個体数多い。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ベニヘリコケガ

ベニヘリコケガ
[ヒトリガ科]
幼虫は樹皮にはりついた地衣類を食べる。成虫は花に集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ホシベニカミキリ

ホシベニカミキリ
[カミキリムシ科]
タブノキやヤブニッケイの枝を広範囲にかみ傷をつけ産卵する。ゴマダラカミキリを真っ赤にしたような非常に美しいカミキリムシ。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ホソカミキリ

ホソカミキリ
[カミキリムシ科]
長い間カミキリムシ科に属していたが、近年独立し、ホソカミキリムシ科に属する。その名の通りとても細い。光によく集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:ホソツヤルリクワガタ

ホソツヤルリクワガタ
[クワガタムシ科]
瑠璃色の光沢が非常に美しい小型のクワガタムシ。やや乾いた朽木を好んで産卵し、幼虫は朽木を食べて育つ。体長8~13mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ホソバセセリ

ホソバセセリ
[セセリチョウ科]
幼虫はイネ科の葉を食べる。高原などの明るい場所を好む。翅の白玉模様が特徴で他のセセリチョウと容易に区別できる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ホソヒラタアブ

ホソヒラタアブ
[ハナアブ科]
黄色、白、黒の腹部が特徴的で都市部でもよく見られる。花の蜜を吸っている姿はハチのようだ
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ホソミオツネントンボ

ホソミオツネントンボ
[アオイトトンボ科]
夏の間は美しい水色をしているが、冬は茶色に変わり枯れ草などにとまって年を越す時の保護色となっている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ホタルカミキリ

ホタルカミキリ
[カミキリムシ科]
胸部が赤いことから「ホタル」という名がついたカミキリムシ。春にネムノキの伐採木に多数集まっていることがある。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ホタルガ

ホタルガ
[マダラガ科]
頭部が赤く、翅が黒いのでホタルに似ている。幼虫成虫共にイヤなニオイ物質を分泌する。
見られる時期:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索