本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ミヤマオビオオキノコ

ミヤマオビオオキノコ
[オオキノコムシ科]
朽木に集まりキノコを食べる。冬、朽木の樹皮の隙間に入り集団越冬する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ミヤマカミキリ

ミヤマカミキリ
[カミキリムシ科]
日本最大のカミキリムシ。樹液に集まる他、光にもよく集まる。幼虫は各種広葉樹の生木を食べる。体長32~57mm
見られる時期:夏

→詳細

写真:ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ
[アゲハチョウ科]
日本産の最美麗種。カラスザンショウやハマセンダンなどのミカン科植物の葉を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ミヤマカワトンボ

ミヤマカワトンボ
[カワトンボ科]
カワトンボ科の最大種。山地の緩やかな沢沿いで見られる。体長60mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ミヤマクワガタ

ミヤマクワガタ
[クワガタムシ科]
子供たちの人気者。新しい個体は金色の毛で覆われている。胸部が発達しているのが特徴。山地に生息する。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ミヤマシジミ

ミヤマシジミ
[シジミチョウ科]
幼虫はコマツナギの葉を食べる。近年個体数が減少している。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ミヤマセセリ

ミヤマセセリ
[セセリチョウ科]
早春にのみ発生するセセリチョウ。このチョウを見つけると春の訪れを感じる。幼虫はクヌギやコナラなどのブナ科の葉を食べる。
見られる時期:春

→詳細

写真:ミヤマハンミョウ

ミヤマハンミョウ
[ハンミョウ科]
主に山地に生息する。素早く地表を這って移動し、他の昆虫を捕食する。幼虫は地面に穴を掘り近くを通りがかった昆虫を捕食する。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ムカシヤンマ

ムカシヤンマ
[ムカシヤンマ科]
原始的なトンボで水質のきれいな渓流などにしか生息していない。ヤゴはコケに穴を掘った中にすみ、成虫になるのに3年かかる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:ムクゲコノハ

ムクゲコノハ
[ヤガ科]
下の翅が赤と青の非常に美しいガ。光に集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ムツボシシロカミキリ

ムツボシシロカミキリ
[カミキリムシ科]
背中の白い斑紋が6つある。主にアコウの葉にへばりつき不規則に食べる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ムツボシタマムシ

ムツボシタマムシ
[タマムシ科]
クヌギやクリの枯れ枝に集まる小型のタマムシ。背中に6つの斑紋がある。各地で普通に見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:ムツモンミツギリゾウムシ

ムツモンミツギリゾウムシ
[ゾウムシ科]
ミツギリゾウムシ科に属する。背中に6つの斑紋がある。伐採木や枯れ木に集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ムネアカセンチコガネ

ムネアカセンチコガネ
[コガネムシ科]
獣の糞に集まるコガネムシの仲間。オレンジ色と黒の模様は個体変異が多い。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ムネクリイロボタル

ムネクリイロボタル
[ホタル科]
胸部が赤いホタル。ゲンジやヘイケと違い昼間活動する。一応発光はするようだ。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:ムネモンヤツボシカミキリ

ムネモンヤツボシカミキリ
[カミキリムシ科]
黄色地が非常に美しいカミキリムシ。主にサルナシの葉を食べ、幼虫はサルナシの枯れ木を食べる。分布は局地的で個体数は少ない。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ムモンアカシジミ

ムモンアカシジミ
[シジミチョウ科]
主にブナ科の木に産卵。孵化した幼虫はその木に寄生するアブラムシやカイガラムシを食べる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ムラサキアオカミキリ

ムラサキアオカミキリ
[カミキリムシ科]
九州に分布。幼虫はカエデの生木を食べる。九州北部では緑色、南部では黒に近い紫になる。金属光沢が非常に美しい大型のカミキリムシ。
見られる時期:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索