本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ムラサキツバメ

ムラサキツバメ
[シジミチョウ科]
商用樹林帯に分布し、幼虫はマテバシイの葉を食べる。温暖化の影響で分布を拡大している。冬、葉と葉の間などで集団越冬する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ムラサキツヤハナムグリ

ムラサキツヤハナムグリ
[コガネムシ科]
夏、山地で樹液に集まる姿が見られる。よく似たシロテンハナムグリは本種より低標高地に分布する。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミ
[シジミチョウ科]
緑色の光沢がひじょうに美しいシジミチョウ。幼虫はヤマザクラ、マメザクラなどの葉やツボミを食べる。
見られる時期:夏

→詳細


写真:モクメシャチホコ(幼虫)

モクメシャチホコ(幼虫)
[シャチホコガ科]
幼虫はヤナギやポプラの葉を食べる。刺激するとお尻の日本の突起から赤い肉角を出し威嚇する。成虫の翅は木目調のためモクメシャチホコ。
見られる時期:夏

→詳細

写真:モンキチョウ

モンキチョウ
[シロチョウ科]
春から秋まで見られる。幼虫はシロツメクサやアカツメクサを食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:モンシロチョウ

モンシロチョウ
[シロチョウ科]
里山から都市部まで広く分布し、アゲハチョウに並んでなじの深いチョウ。幼虫はアブラナ科植物を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:モンシロドクガ

モンシロドクガ
[ドクガ科]
純白で美しいガ。成虫も幼虫時に発生した毒毛を備えている。幼虫はバラ科やブナ科の葉を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:モントガリバ

モントガリバ
[カギバガ科]
幼虫はエビガライチゴ、ヘビイチゴなどのバラ科植物を食べる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索