本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ヤクシマルリセンチコガネ

ヤクシマルリセンチコガネ
[コガネムシ科]
オオセンチコガネの屋久島亜種。緑~青の光沢があり、美しい。ヤクザルの糞をよく食べている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ヤシオオオサゾウムシ

ヤシオオオサゾウムシ
[オサゾウムシ科]
熱帯地域のゾウムシ。20世紀後半に西日本に入り込み、分布を広げている。フェニックスの生木を食べ枯死させてしまう。体長30~40mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ヤツメカミキリ

ヤツメカミキリ
[カミキリムシ科]
体表が緑色の美しいカミキリムシ。サクラの衰弱木、枯れ木に集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:ヤブヤンマ

ヤブヤンマ
[ヤンマ科]
夕方に活動するためほとんどその姿を見せない。日中は薄暗い林の中で枝にとまってじっとしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ヤマイモハムシ

ヤマイモハムシ
[ハムシ科]
ヤマノイモの葉を食べる。体表の青い光沢が美しいハムシの仲間。体長5~6mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヤマキマダラヒカゲ

ヤマキマダラヒカゲ
[タテハチョウ科]
山地に生息している。近縁種にサトキマダラヒカゲがいるが本種は高標高地に分布し、すみ分けをしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ヤマサナエ

ヤマサナエ
[サナエトンボ科]
大型のサナエトンボ。平地にも多く、日当たりのよい水辺でよく見られる。よく似た種にキイロサナエがいる。体長65~71mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヤマトシジミ

ヤマトシジミ
[シジミチョウ科]
関東以西では非常に多く、食草のカタバミさえあれば街中でも見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ヤマトタマムシ

ヤマトタマムシ
[タマムシ科]
夏、日差しの強い猛暑日でも平気で活動する。日本を代表する美麗昆虫。エノキやケヤキの枯れ木に集まり、交尾産卵する。
見られる時期:夏

→詳細


写真:ヤマトマダラバッタ

ヤマトマダラバッタ
[バッタ科]
海浜性のバッタ。体表の模様は砂浜の上では保護色となっている。近年海浜開発により生息地が無くなり、個体数が減少している。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ヤママユガ

ヤママユガ
[ヤママユガ科]
大型で目玉模様が特徴のガ。幼虫はクヌギ、コナラなどのブナ科植物の葉を食べる。光によく集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ユウマダラエダシャク

ユウマダラエダシャク
[シャクガ科]
幼虫はマサキ、ツルマサキなどのニシキギ科植物の葉を食べる。昼間葉の上で静止している姿がよく見つかる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ヨツキボシカミキリ

ヨツキボシカミキリ
[カミキリムシ科]
黒地で黄色い紋が美しい。成虫はヌルデの葉の裏面につき葉脈を齧っている姿がよく見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヨツスジトラカミキリ

ヨツスジトラカミキリ
[カミキリムシ科]
アシナガバチの仲間に擬態している。各種広葉樹の伐採木や枯れ木に集まる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ヨツスジハナカミキリ

ヨツスジハナカミキリ
[カミキリムシ科]
黄色と黒の縞模様でハチに擬態している。夏、ノリウツギやガクアジサイの花に花粉を食べるために集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:ヨツボシオオキスイ

ヨツボシオオキスイ
[オオキスイ科]
背中の4つの斑紋が特徴。夏、カブトムシと混ざって樹液をなめている姿が見られる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ヨツボシケシキスイ

ヨツボシケシキスイ
[ケシキスイ科]
夏、カブトムシ、クワガタムシと混ざって樹液をなめている姿が見られる。他の昆虫の幼虫も食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヨツボシトンボ

ヨツボシトンボ
[トンボ科]
翅の4つの黒点が特徴のズングリとしたトンボ。主に寒冷地に生息している。
見られる時期:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索