本文へジャンプ

スタッフブログ:草津白根

国士舘大学21世紀アジア学部のボランティア活動報告2

お知らせ / 2016.08.20


[どこに人がいるんでしょうか?]

 大きなオオハンゴンソウの中に緑の外来植物駆除のジャケットが見えます。(環境省) 
 13日から第2班がはいりました。(実際は順次参加するのでよくわかりません)今週は天候不順で180kgの採取でした。


[駆除して乾燥させます。]

 西の河公園鬼の相撲場付近はオオハンゴンソウの繁茂がひどく、1班が290kg、2班が180kg合計470kgを採取、草津町の協力で草津クリーンセンターに於いて焼却処分しています。
 オオハンゴンソウを掘った後は裸地状態となりますがすぐにオオハンゴウソウの取り残しや他の植物で緑に覆われます。
 
 


[子供たちとのふれあいボランティア]

 8月17日は草津の子供たちとのふれあいボランティアが開催されました。児童10名引率者3名を国士舘のお姉さん5人、お兄さん5人で案内しました。、
 西の河原公園、鬼の相撲場の水場では、カルガモ親子、鯉、フナ、イトトンボ、シオカラトンボ、ルリボシヤンマ、アサギマダラ等のふれあいができます。 参加者に手書きのプログラムを配布、お兄さん、お姉さんと子供がすぐに仲良くなって自然観察や写生を行いました。
 ※この企画には草津町教育委員会、児童館、草津町磯部様、自然公園財団など多くの方のご協力をいただきました。
 この催しを見た、地元の人は「私も孫を連れてこようかな?」と反響がありました。