本文へジャンプ

スタッフブログ:奥日光

奥日光湯元に春来たり

自然紹介 / 2017.04.30


[ビジターセンター前の「ふきのとう」(4月30日)]

 3月下旬から降った大雪で白亜の殿堂となったビジターセンターとその周辺。あれから1ヶ月経てすっかり雪が消えてしまいました。早春を知らせる「ふきのとう」も顔を出し、遅い春の到来を実感するようになりました。


[ビジターセンター玄関(4月30日)]

 下にある4月2日のビジターセンター玄関の写真と比べてみると、まるで別世界の風景のように感じます。瞬く間に冬が去って雪が消え、今では早春の風景が広がっています。最低気温こそマイナスを記録していますが、次第に気温も高くなる傾向にあり、もうすぐ山桜の咲く花の季節がやってきます。


[ビジターセンター玄関(4月2日)]

 それでも切込湖・刈込湖など山岳地帯では残雪が多く、29日の雷雨で雪も降りました。まだまだ冬の名残が残る日光湯元です。明日から5月が始まります。下界の暖かい春(初夏)とは違う日光湯元の早春を実感してみてください。