本文へジャンプ

スタッフブログ:奥日光

夏の小田代原湿原は百花繚乱

自然紹介 / 2017.07.27


[クルマユリ(7月27日撮影)]

 梅雨が明けたはずの奥日光ですが、どうも天気が冴えません。
どうやら太平洋にある台風と、梅雨前線の南下が影響しているようです。もうしばらくは天候が安定しない模様です。
 その中で、もったいない位美しい場所が、小田代原湿原です。


[イブキトラノオの花園(7月25日撮影)]

 今、歩きやすく整備された遊歩道を歩けば、ホザキシモツケ、イブキトラノオ、ハクサンフウロやクルマユリ、アザミなどの夏の花が、所狭しと咲き乱れている様子を見ることができます。
これからコバギボシやクガイソウ、オオウバユリなどの花も加わり、宝石箱を散りばめたような、彩の美しい風景が楽しめるようになります。
 これほど花が咲く景色を見るのも、最近では珍しいような気がします。


[設置された熊鐘]

 最近、熊の目撃例などもあって少々気になっておりましたが、散策者の安全を確保するために、先日、環境省が「熊鐘」を2ヶ所設置しました。これを鳴らして、人の気配を知らしてください。通常、熊は臆病な動物なので、滅多に人を襲うことはありません。
 どうぞ、奥日光の大自然の花園をご覧に来てください。