本文へジャンプ

スタッフブログ:奥日光

霊峰男体山を巡礼

自然紹介 / 2017.11.30


[湯ノ湖から見る男体山のダイヤモンド現象(11月29日撮影)]

 晴天に恵まれた27日から29日の朝、湯ノ湖北岸より美しい男体山の日の出を見ることが出来ました。ほぼ山頂付近から昇る太陽を見て、あの山頂に立ってみたいと思いましたが、先月25日に男体山は閉山となっております。思い出せば、夏の山頂から見た展望は広大で、開山された勝道上人が感激された風景を追体験することが出来ました。日光連山をはじめ、中禅寺湖のはるか彼方には富士山が聳えておりました。


[中禅寺湖南岸大日崎から見た男体山(11月29日撮影)]

 29日には中禅寺湖南岸を歩き、御神体・男体山を拝んでみました。大日崎の突端には石仏が設置されており、古来から続く厚き信仰心を偲んでみました。最近、この南岸は外国人にも注目されており、ビジターセンターのカウンターでも質問を受けるようになりました。ここは長くて体力を使うルートなので、気楽な気分と装備で歩くには不向きなコースであるのは、ここで言うまでもありません。