本文へジャンプ

スタッフブログ:登別温泉

ヒカゲチョウと夜の蝶(蛾)です。

自然紹介 / 2017.07.09


[遊歩道の手すりに休むクロヒカゲ]

 ここ数日、真夏の陽射しに恵まれ、昨日の登別は、7月の最高気温としては39年ぶりに更新する31.5℃を記録したそうです。
 そうした中、木漏れ日を受けて遊歩道を散策すると、心地よいそよ風とともに多くの蝶たちが迎えてくれます。主に、クロヒカゲとサトキマダラヒカゲ(ともにタテハチョウ科)です。
 一方、夕闇が迫るころから灯火に誘われて舞いはじめるのは、オオミズアオ(ヤママユガ科)やエゾシモフリスズメ(スズメガ科)たちです。。
 昼間活動する蝶たちは動きが素早いのに対し、夜の蝶(蛾)はゆったりと優雅に舞うも、夜明けとともに野鳥の餌食となるものが多いようで、とくにオオミズアオは翅があちこちに散らばっています。


[一回り大きめのサトキマダラヒカゲ]


[早朝、辛うじて成体で出会えたオオミズアオ]