本文へジャンプ

スタッフブログ:登別温泉

深まりゆく秋、地獄の紅葉も佳境です。

自然紹介 / 2017.10.26


[秋色を深める地獄谷の紅葉(26日pm)]

台風の襲来もあり、刻々と深まりゆく秋、登別地獄谷の紅葉も佳境です。
 例年にも増して見応えのある地獄の紅・黄葉に、平日もたくさんのお客様が「紅葉狩り」をお楽しみいただいているようで、今月は乗用車の入り込みが堅調で、平日も状況に応じMAX4か所目の料金所を開放しますが、人員のやりくりが難しく事務所スタッフも料金所に張りついて急場を凌いでいます。
 そんな業務中にも、周囲に目を向けると秋色の木立に可愛らしい森の仲間たちが姿を見せてくれます。ご紹介するのは、ナナカマドの梢に垣間見たマミチャジナイ(ツグミ科、21㎝)、料金所窓口で黄色い駐車券に遊ぶクロスズメバチ(スズメバチ科、12mm前後)などです。
 マミチャジナイは、旅鳥で主に晩秋のこの時期に姿を見かけることがあります。
 クロスズメバチは、春から晩秋まで活動し、特にこの時期はまとわりつくかのように周囲を飛び交うことが多いのですが、払いのけたりしないことが肝心です。小型で攻撃性・毒性ともにあまり強くはありませんが、万一刺されたときは、速やかに冷水で洗い流しながら絞り出しましょう。スズメバチの仲間だけに侮れません。症状によっては、医療機関の受診をお勧めします。


[ナナカマドの梢にマミチャジナイ]


[駐車券に遊ぶクロスズメバチ]