本文へジャンプ

スタッフブログ:登別温泉

秋に忙しい愉快な仲間たちです。

自然紹介 / 2017.10.27


[おどけた表情のミヤマカケスのカップル]

 秋の深まりとともに、登別地獄谷の森・里山に降りてきてギャギャー、時にミャーミャーなどと賑やかに存在感を発揮し出したのは、ミヤマカケス(カラス科、33㎝)です。その名のとおり、夏の間は“深山”で暮らしていた愉快なカケスたちです。
 また、フィールドでは、エゾリス(リス科、体長25㎝前後)がドングリなどを探して忙しそうです。風雪厳しい季節も冬眠しない彼らにとって、この時期にたっぷりと食べて体力をつけ、また越冬用の食糧を十分に確保することはとても重要です。
 


[チョコンと座ってご馳走を頬ばるエゾリス]


[倒木の蔭をホリホリする?エゾリス]