本文へジャンプ

スタッフブログ:登別温泉

小雪が解け、ツチグリが姿を現しました。

自然紹介 / 2017.11.25


[落ち葉の脇からヒトデ?..ツチグリ]

 登別園地は、冬本番を前に、穏やかな陽射しと雪や雨を繰り返す変わりやすい空模様が続いています。
 寒気が緩んだ朝の遊歩道で、夏から秋にかけて発生(群生)することが多いといわれるツチグリ(ツチグリ科、土栗)を発見しました。
 このキノコは、成熟すると地表に現れ、外皮が星形に裂けて盛り上がり、丸い頂部の小孔からパフーッと胞子を放出するようです。
 一瞬、なぜここに(海の)ヒトデが?と思いました。角度を変え、その不思議な姿をご紹介します。


[角度を変えてツチグリ]


[真上からパチリとツチグリ]