本文へジャンプ

スタッフブログ:登別温泉

キツツキ科で最小のコゲラと仲間たちです。

自然紹介 / 2018.02.09


[スズメ大と国内最小のキツツキ・コゲラ]

 前回は、国内に生息するキツツキ科で最大種のクマゲラとの遭遇を3話にわたりご紹介しましたが、最も小さい個体は、コゲラ(15㎝)です。
 この季節、カラ類などと一緒に(「混群」という。)移動しながら木々の梢をせわしなく飛び交い、樹皮に潜む昆虫などを探しているようです。
 登別園地でも遊歩道で、小鳥たちの鳴き声が聞こえたら、しばし足を止めて周囲を見渡してください。木々に遊ぶ彼らの愛らしい姿をお楽しみいただけることでしょう。


[可愛い系で人気沸騰、身軽なシマエナガ]


[真剣な表情で隙間を探るゴジュウカラ]