本文へジャンプ

スタッフブログ:登別温泉

「温まるー」天然足湯は、冬も大賑わいです。

自然紹介 / 2016.12.26


[“あしも微笑む”大湯沼川・天然足湯]

 3連休の出鼻を50年に一度の風雪に見舞われた北海道内-。ここ登別園地は、お蔭様で土・日と青空に恵まれ、フィールドは大勢のお客様で賑わいました。
 中でも、大湯沼川・天然足湯には入れ替わり立ち替わりお客様が足を運ばれ、源泉100パーセントの自然を満喫されていました。丁度、巡回時に居合わせた皆様にお伺いしたところ、マレーシアからのファミリーご一行13人様、韓国からの若者4人様など国際色豊かな顔ぶれで、親指を立て「温まるー」と笑顔が広がりました。
 なお、先頃5年半振りに間欠泉活動を再開した上流部の大正地獄から希に大量の湯泥が流れ出ること(直近では、12月19日午前11時頃発生)があります。その際には足湯が高温になりますので、急に湯量が増した際には、どうぞご利用をお控えください。
 また、道中の遊歩道はとても滑りやすくなっていますので、パークサービスセンター備え付けの長靴(無料貸出)に履き替えるか、スタッフ一押しの滑り止め(@1,000円)の装着をお勧めします。


[備え付けのマットを敷いて「天然足湯」]


[大量の源泉を供給し続ける大湯沼]