本文へジャンプ

スタッフブログ:登別温泉

凍える朝、梢から響く口笛の主は「ウソ」です。

自然紹介 / 2018.03.20


[見上げると朝日にキラリとウソの姿が]

 今朝は、スッキリと晴れ渡った反面、放射冷却現象でキューンとシバレました。
 凍えながらフィールドの点検・清掃に出掛けると、どこからともなく優しい「口笛」の音が聞こえてきました。辺りを観察すると、予想どおり梢に「ウソ」の姿がありました。
 ナナカマドの高いところでモグモグタイムのようで、盛んに冬芽(花芽?)をついばんでいました。喉元の赤が印象的なオスの横顔をお届けします。


[モグモグタイムに忙しいウソ]


[背後からの姿にも気品ただようウソ]