本文へジャンプ

日光の気象と自然:出版物

 長年日光の自然を見つめてきた、当財団の辻岡幹夫さん(気象予報士)が新しく本を出版しました。
日光の自然をもっとよく知りたいと思う方は、是非お買い求めください。

「標高1500mの奥日光は、850hPaの高層天気図の世界であるともいえる。戦場ヶ原やその周辺を歩いていると、平野部と同じように平らな地形であるため高地であることを忘れてしまうが、そこは気圧が平野部の85%しかない世界だ。地球を取り巻いて荒々しく風が吹く自由大気の真っただ中なのだ。」(「はじめに」より)

日光の気象と自然
著者
辻岡 幹夫

春夏秋冬、奥日光の自然を織りなす天空の妙

優れた自然景観、野生動物、植物の数々。大自然の宝庫日光の気象を読み解く。

  • 第1部 日光の気象と自然のかかわり
  • 第2部 春の天気
  • 第3部 夏の天気
  • 第4部 秋の天気
  • 第5部 冬の天気
  • 第6部 登山・ハイキングに当たって
  • 専門的用語の解説

A5判/並製/160頁/定価 本体1800円+税
ISBN 978-4-88748-349-1 C0044
2017年10月31日 第1刷発行