本文へジャンプ
  • TOP
  • 出版物
  • 「国立公園論」─国立公園の80年を問う─の刊行について

「国立公園論」─国立公園の80年を問う─の刊行について:出版物

平成26年の国立公園指定80年を機に、国立公園の現地勤務経験者を中心に、日本の国立公園の歴史、現状、課題などを分析、議論する場として国立公園研究会を作りました。その成果物として雑誌「國立公園」に同年1月から平成28年4月まで22回にわたって掲載された文章を骨子とし、国立公園に関する基本的なデータを加えて、書籍としてまとめました。

国立公園論 ―国立公園の80年を問う―表紙

国立公園論 ―国立公園の80年を問う―

国立公園研究会・自然公園財団 編

価格
定価(1,800円+税)、A5版並製 263頁

下記のリンク先より、特別価格(1,555円(税込))購入用紙がダウンロードできます。

  • この特別価格注文書は、書店ではお取り扱いいただけません。
    直接南方新社まで電話、FAX、Eメールでお申し込みください
    (送料無料)
  • 電話、 Eメールにてご注文の際は、 必ず 「特別価格」 とお伝えください。
    お伝えいただけなかった場合は、通常価格でのご購入となります。

目次

  • プロローグ
  • <今なぜ国立公園か1>
    国立公園を視る ─現場から
    ①釧路湿原国立公園と自然再生
    ②国立公園「層雲峡」
    ③国立公園「洞爺湖」
    ④三陸復興国立公園
    ⑤国立公園「阿蘇」
    ⑥奄美国立公園
    ⑦西表国立公園

  • <今なぜ国立公園か2>
    国立公園を俯瞰する ─制度と管理
    ①国立公園制度の推移
    ②人口減少時代における国土と自然環境
    ③国立公園管理体制の変遷と課題

  • <今なぜ国立公園か3>
    国立公園を取り巻く環境
    ①世界遺産屋久島
    ②国定公園と佐渡島
    ③自然観察の森
    ④島と国立公園
    ⑤「緑の三角形」を作る:法と歴史と政策の100年

  • エピローグ ─国立公園を語る
  • 資料編