本文へジャンプ

スタッフブログ:知床

2/4 ガードレールの雪かきボランティア2017

活動報告 / 2017.02.06

2月4日、しれとこ・ウトロフォーラム21主催による「ガードレールの雪かきボランティア」に参加してきました。


知床国立公園へ続く海岸線。普段ですと、ドライブ中の車窓から冬の風物詩、流氷の景観を見渡すことができます。


ですが、国道334号海岸線のガードレールに雪が積もり、ドライブしていても流氷が見えづらくなっていました。

そこで、知床にお越しになる多くの方々に、知床をもっともっと満喫・楽しんでもらおうと!
各関係業者のみなさん、地元住民のみなさんが一丸となって、除雪作業を行いました!!

雪が降る中でしたが一致団結してホロベツ地区海岸線・プユニ岬のガードレールの雪かき作業を終わらせることができました。

作業が終わる頃には雪もやみ青空も見えてきて、参加者もみんな笑顔!


[スッキリ!]

こういった地域主催による取り組みが、知床の魅力を一層引き出す力になっているのだと強く感じると共に、一人ひとりが協力し合う事で何倍もの成果が得られるのだと活動を通して強く感じました。

                          (担当:向山)