本文へジャンプ

スタッフブログ:知床

羅臼湖 散策前のちょこっとメモ

自然紹介 / 2017.07.16


[ 羅臼湖 ]

先日、羅臼湖へ行ってきました。

羅臼湖は現在、栄養が少ない湿地の環境で、昆虫を捕まえ栄養にしようと進化した食虫植物のモウセンゴケが花を咲かせ、見ごろとなっています。

赤と黄緑の毒々しい見た目に反してとてもかわいらしい小さな白い花を咲かせるため、個人的にお気に入りの植物です。


[ モウセンゴケ ]

またランの仲間も見られました。
植物を探しながら歩かないと見逃してしまいそうになるこちらのランは一見同じように見えても良く観察すると違います。

時間がない場合はカメラに収めておき、後で観察するのも一つの方法です。


[ ランの仲間 ]

《 羅臼湖を散策される方へ 》
羅臼湖は入り口付近に駐車場がありません。そのため知床峠に駐車し、徒歩(約40分)またはバスで入口へ向かい、戻ってくる必要があります。
またぬかるみが多いため、散策中は長靴を履き、散策路内のみ通るようお願い致します。

詳しくはこちらをご覧ください
http://rausu-vc.jp/lake_rausu/
 
                (担当:島田)