本文へジャンプ

スタッフブログ:知床

サシルイ岳まで

自然紹介 / 2017.07.22


[ イワギキョウ ]

先日岩尾別登山口から羅臼岳には登頂せず、サシルイ岳まで行ってきました。

新たに目立っていた花は青紫の花、イワギキョウです。
今まで見頃だった花がピンク等の暖色系だったのに対し、今回見つけた花は寒色系。
日差しが暑く、バテテしまっている時は、休憩中に寒色系の花を見て気分と体力を回復すると少し変わった気持ちで登山が楽しめると思います。


[ イワブクロ ]

寒色系の花は他にもイワブクロという花が咲いていました。

イワブクロは他にもタルマイソウとも呼ばれます。
筒状の花が横に伸びた面白い形をしていますので見つけた際は上からだけでなく真横からも見てみて下さい。


[ チングルマ(果穂) ]

また、チングルマは花が終わり果穂(かすい)となっていました。
果穂となった姿もとても綺麗で何度も立ち止まってしまいます。

※猛暑日はこまめに水分補給をし、水を余分に持って行くと余裕のある登山が出来ます。綺麗な花もたくさん咲いていますので、立ち止まった際は観察してみてください。
               (担当:島田)