本文へジャンプ

スタッフブログ:知床

知床のつながり

自然紹介 / 2017.09.26

最近ペレケ川下流では遡上したカラフトマスがカラスやカモメに食べられている姿をよく目にするようになりました。

食べられている姿はあまり良い気分になりませんが、この光景は知床の自然にとってはとても大切なこと。

カラフトマスを通して海の栄養が川に上がり、川の栄養が陸の生きものや鳥類の栄養になっていきます。



[オスと産卵床を作る(?)メス]

もちろん、まだ頑張って泳いでいるカラフトマスを見ることができますので、お立ち寄りの際はのぞいてみてください。
        (担当:島田)

※ペレケ川散策路について
 先日の台風の影響でウトロバスターミナルから続くペレケ川の散策路は倒木や土砂崩れが発生した為、散策が行えなくなっています。
 遡上の様子を観察する際はウトロバスターミナル近く、またはバスターミナルよりも下流部での観察をお勧めします。