本文へジャンプ

スタッフブログ:知床

自然紹介(1094件)

食べ物を求めて

自然紹介 / 2017.11.10


[ 群れの鳥はヒヨドリでした ]

先日、プユニ岬とフレペの滝周辺を散策しました。
日が陰ると肌寒く、風が吹くと室内へ入りたくなる天気が多くなってきたため、人間は活動したくなくなる時期となりましたが、生きもの達もそうかというと違うようです。

プユニ岬では鳥の群れがなぜか3回に分かれて飛んできました。

先に飛び立った1群と2群はそのまま通り過ぎ、遠くへ行ってしまいましたが、3群目は飛んでいる最中に食事できる場所を見つけたのか、実がある木(ナナカマド)へ勢いよく止まり...

せわしなく食事を終わらせると後を追うように遠くへ飛んでいきました。

また、フレペの滝近くではミヤマカケスが周囲の岩や枝、樹の幹を入念に観察していたかと思うと、突然飛び立ち、近くに枝に止まりました。

口にはイモムシ(?)のような生きものがくわえられていました!

どこに隠れていたのか...そもそも周囲にそんな生きものもういないだろうと思っていたので驚かされました。


[ キツネも真剣にエサを探していました ]

冬でも生きもの達はおなかが空けば寒くても動き回り、食べ物を探します。この時期は食べ物が少なく、生きもの達にとってはご飯探しも大変です。日々観察力と注意力がないと生活できません。

それを思うと、買い出しさえしておけば寒い日は家から出ずともぬくぬくと暖かい食べ物がいつでも食べれるということがとてもありがたく感じます。
      (担当:島田)