本文へジャンプ

スタッフブログ:知床

2/3 ガードレールの雪かきボランティア2018

活動報告 / 2018.02.03


[みんなで一致団結して行います]

2月3日(土)、しれとこ・ウトロフォーラム21主催によるガードレール雪かきボランティア2018に参加してきました。

知床国立公園へ続く国道334号海岸線のガードレールに積もった雪や氷を各関係業者のみなさん、地元住民の皆さんが協力して取り除く作業を行いました。

ガードレールでの除雪が終われば、ドライブ中の車窓からオホーツク海から漂流してくる流氷の景観を見渡すことができるようになります。


[硬い氷もスコップで取り除きます]

当日の気温が-9℃程でしたが、晴れ模様が続いて雲が全体的に薄かったので、雪かきを続けていると体が次第に温まり気持ちのいい汗を流すことが出来ました。

硬い氷も金属のスコップでガシガシと砕いて、海へと放り投げます。



[僕たちもがんばるぞ!]

今回参加してくれた子どもたちも、大人に負けないくらいの頑張りで雪かきを手伝いました。地域のみなさんで一生懸命頑張ったので、無事にホロベツ地区海岸線のガードレールでの除雪作業を終わらせることができました。

地域のこどもと大人が協力する取り組みがウトロの皆さんの絆をより一層強くするのだと実感しました。
オホーツク海に雪原のように広がる流氷を見て、是非知床半島の魅力を体感してみてください。

           <担当:畔栁>