本文へジャンプ

スタッフブログ:知床

雪が降る日も近いかな...

自然紹介 / 2017.10.14

最近、道を歩いていると雪かな?と思わせる、白いものがフワフワと空中を漂っています。

正体は「雪虫」と呼ばれるアブラムシの仲間

名前から雪が降るのを知らせてくれる昆虫なのかと思いきや、秋のそろそろ雪が振ってもおかしくない時期に多く姿を見かけるというだけの昆虫なのだそうです。


[ハウチワカエデ]


[ニシキギ]

そんな雪虫にたくさんであったのは近くのペレケ川。

ウトロ市街地までおりてきた紅葉を少しだけ楽しむことができます。

サケ・マスの遡上も数は少ないですが見ることができますので、チェックです。

         (担当:島田)