本文へジャンプ

スタッフブログ:鳥取砂丘

にょきにょき

自然紹介 / 2017.04.02

日中のポカポカ陽気と、
砂からにょきにょき出てきた
砂丘植物の新芽が見られるようになり、
日に日に春らしい様子になってきました。

砂丘を散策して、植物の様子を見に行ってみると、
真っ先に砂から新芽が出たコウボウムギでは、
早くも花の穂が伸びてきはじめていました。

まだまだ大きなオアシスの近くでは、
コウボウシバが葉を伸ばし始めています。
コウボウシバ群落の周辺で普段、活動している
スタッフに聞いたところ、
今年は、少し遅いようです。

そして、ハマニガナも葉を広げ始めました。
その周りの砂がポコッと盛り上がっているところに
いかにも出てきたばかり!らしい雰囲気です。

写真で紹介した以外にも、
ハマヒルガオやオオハマガヤ、
砂防林のニセアカシアなどで
新しい葉が出てきています。
砂丘の春は、始まったばかりです!

(あーちゃん)