本文へジャンプ

スタッフブログ:鳥取砂丘

実験

自然紹介 / 2018.02.06

じゃじゃ~ん
2本のボトルには・・・
『オアシスの水』と『海水』が入っています。
前回、水深調査をした際のブログでチラッと紹介した
オアシスに関係する実験!の、レポです。


この時期になると、頻繁に聞かれる
「オアシスの水は海水ですか??」という質問。

「海水ではなくて、雨水や雪溶け水ですよ」と返答します。



そしてしばしば「なぜ海水ではないと言えるのですか?」
と質問をもらいます。



オアシスの生態系や水質・地質研究によって
海水ではないことは分かっているので
大人には詳細を説明すると理解していただけるのですが、


“海水と淡水の生き物”“地下水”“火山灰”などなど
多方面に対して知識がまだまだ少ない子どもたちには
どれだけ詳しく解説をしようとしても最終的には

『まだ分からないと思うけれど、そういうものなのだ』
という大人の言葉に

『よく分からないけれど、そういうものなのか』
と思わされているように感じていました。


子どもたちにとってその差が感じられる解説をしてあげたい!


ということで、前説が長くなりましたが実験です!!
『オアシスの水が海水ではない』について
『海水と同じようにオアシスからも塩が取れるのか』
というテーマで実験。

実験はシンプルです。
海水から塩を取り出す実験をオアシスの水でも行い
結果を目で見て比べられるようにしました。



そして結果的に、

左:海水         右:オアシス



海水からは塩が取り出せましたが
オアシスの水からは何も取り出せませんでした。

ひとまずこれで
『オアシスの水は海水ではない』ことの証明が出来ました。
大人にとっては当たり前な結果かとは思いますが
これが子どもたちにどう伝わるのか(*_*)

まだ展示にできていないので子どもたちの反応は
見れていませんが、これを解説材料に子どもたちに
理解してもらえたらな・・・と思うのでした。


(ブログのまとめ方がわからない。笑)


展示が完成したら、また何かしらをアップしようと思います♪

3年前に『灼熱の砂丘で目玉焼きはつくれるか』
という大人のガチ自由研究をしましたが

それを展示としてあらゆる面白い実験を
紹介できたらいいなという

私のひそかな野望でした・・・。



じゅなぴー