本文へジャンプ

スタッフブログ:鳥取砂丘

旅するチョウ

自然紹介 / 2018.05.14

午前8時36分ごろ、
市営駐車場をひらりひらりと飛ぶ、
大型のチョウがいました。

最初は「アゲハチョウかな?」と思ったのですが、
だんだん近づいてくると、
前翅の白い部分がほんのり水色に見えたので、
もしかして?と慌ててカメラを取りに戻りました。

チョウの正体は、アサギマダラでした!

カメラを持って戻ると、
幸運にも、木道スロープの下のノボロギクに
止まっていたので、しっかり写真を撮ることができました。


[しばし休憩中です]

アサギマダラは、タテハチョウの仲間で、
羽を広げると8~10センチくらいあります。

このチョウは「旅をする」ことで有名で、
秋には暖かい南の地域へ、時には海を渡っていくそうです。
そのため、
翅に目印をつけて放す活動が行われており、
全国規模で移動経路が調べられているようですが…
このアサギマダラには、そういった目印はない様子です。

すぐにまた、ひらりと飛んで、
じっくり見られたのはほんの1~2分でしたが。
ステキな出会いになりました。

(あーちゃん)