本文へジャンプ

スタッフブログ:鳥取砂丘

大雨・・・

自然紹介 / 2018.07.07

全国的な大雨で、
6日夜から7日午前中にかけて
「大雨特別警報」が出ていた鳥取県。

鳥取砂丘では、この大雨により、
馬の背のふもとや、火山灰露出地の北側などに
巨大なオアシスが出現しています。
水は茶色に濁っていて、
あまりきれいではありません。

馬の背のふもとは、ほんの3日前まで
ハンミョウが走っていたところでしたが…
現在は調査杭のJ-12(高さ約70cm)が
完全に水没するほどの深さがあるようです。

砂丘内は、砂が湿っていて歩きやすいですが、
水がしみだしている地点は、
ところどころで砂が崩れております。
場所によってはズボッと足が埋まるくらい、
砂が緩んでいます。

散策は可能ですが、
水が湧き出しているところに
あまり近づきすぎないよう、
ご注意ください。


[ノコギリクワガタ!]

 【おまけ】

あいにくの天候ですが。
本日、雨のやみ間に
砂丘で今季初の
ニイニイゼミの声を確認しました。
そして、馬の背の頂上では…
立派なノコギリクワガタのオスを発見。
(背中に砂が乗っていますが、
どこから来たのでしょうか?)

夏の昆虫たちが、
続々と出てきているようです。


《あーちゃん》