本文へジャンプ

スタッフブログ:鳥取砂丘

キジバトのヒナ成長記録

自然紹介 / 2018.08.06


[温め中]

6月の終わりごろ、
駐車場のケヤキの木に巣を作りはじめた
キジバトがいることに、
スタッフの一人が気付きました。

7月上旬になると、つがいのうちの一羽が、
巣に座ってじっとしているようになり、
卵を温めはじめました。


[巣から顔を出すヒナ]

それから2週間ほどたった
7月20日ごろになると
産毛がまばらに生えたヒナが
巣から顔を出すようになりました!
どうやら2羽、卵からかえったようです。

ハトのヒナは、親の口に顔を突っ込んで、
ピジョンミルクをもらって育ちます。
タイミングが合った時には、
ミルクをもらう姿も観察出来ました。


[すっかり大きくなりました]

そして、生まれてから15日ほどたった現在。
羽が生え揃い、
親鳥とあまり変わらない大きさにまで、
無事に成長しました!

今では巣が狭くなってしまい、
巣のそばのしっかりした枝に止まっている
様子が見られます。

もうすぐ巣立ちでしょうか?
ハトのきょうだいの姿を見られるのは、
あとわずかです。

(あーちゃん)