本文へジャンプ

スタッフブログ:雲仙

絹笠山ヤマボウシ登山会報告

活動報告 / 2018.07.06


[開始挨拶とヤマボウシ解説]


[ベニツチカメムシの集団越冬を観察]


[絹笠山山頂にて記念撮影]

 報告が遅くなりました、申し訳ございません。
 去る6月17日(日)「絹笠山ヤマボウシ登山会」を開催しました。
 大変多くの方に問い合わせのお電話をいただきましたが、定員以上の方にはキャンセル待ちをお願いしました。開催日当日までに数件のキャンセルもあったので、人数調整をしつつ、開催日には14名の参加者が集まってくれました。
 当日は梅雨の晴れ間に当たり、日差しは暑いくらいでした。情報館前で開始挨拶と植樹のヤマボウシを使って花の解説を行い、出発しました。白雲の池経由で絹笠山の山頂を目指す途中、色々な植物や昆虫を観察しました。特に絹笠山の山腹で見つけた「ベニツチカメムシの集団越冬」では、子供たちだけでなく、大人たちも喚声を上げて楽しんでいました。
 昼食を絹笠山の山頂で摂った後は、原生沼方向へ下り、旧八万地獄を通って情報館まで帰ってきました。ヤマボウシは勿論でしたが、それ以外の植物や昆虫などたくさんの自然を観察できた登山会でした。