本文へジャンプ

スタッフブログ:雲仙

妙見岳霧氷登山会

活動報告 / 2018.02.05


[妙見岳登山休憩中]


[霧氷と当日の天候]


[妙見神社にて記念撮影]

 インフルエンザの流行と当日朝からの降雪により、13名という多数のキャンセルが出ました。たぶん過去最多です。冬の観察会開催は改めて難しいと考えさせられました。※有効な対策・改善が思い浮かびません。
 とは言え、6名もの方が集まって下さったので、私としては全力で案内させて頂きました!登山中は観察できるものが少ないため、間を繋ぐ為のクイズや霧氷の解説など準備していました。参加者の安全も考え、軽アイゼンも準備していましたが、こちらは新雪を歩いたため、ほとんど必要ありませんでした。
 仁田峠から妙見岳にかけては、お目当ての霧氷が無数に着いており、山頂近くでは青い空と白い霧氷のコントラストを楽しむことが出来ました。帰りには落ち葉を散らしながら餌を探していた「シロハラ」も観察できました。
 最後は今回の登山で十山を達成した方の表彰式を行って、雲仙の冬の自然を楽しむ観察会を終了しました。