自然紹介 2019/05/28

5月25日 登山道情報

日本山岳ガイド協会の久保ガイドより登山道の情報を頂きました。


5月25日(土)現在の大山夏山登山道の最新情報をお知らせします。

午前8時の大山寺の天候 晴れ 気温24℃  無風
午前11時の山頂の天候  晴れ 気温21℃  微風

太平洋上にある高気圧にすっぽり覆われ、安定した天候ですが
非常に暑くなり、視界もあまり良くありませんでした。
晴れているのに靄(もや)がかかっていましたが、一気に暑くなった
ために地上が暖められ、その水分が空気中に細かな水滴となって
大気中に浮かんでいて、風が吹かないために地表付近を漂う現象
です。
今の時期よりも夏になるとよく見られる現象です。

例年よりもかなり暑くなっていますが、この時期に注意することは
熱中症と虫対策です。
まず熱中症ですが、上っている時にコマめに水分補給をしないと
出てくる症状としては「めまいと頭痛」です。水分も必要ですが
塩分も同時に摂取する必要があります。ポカリスエットのような
健康飲料が一番手軽だと思いますが、怪我をした時などに洗えないと
いう欠点(?)があります。
水分と塩分不足は足がつる原因にもなりますのでご注意ください。

次に虫対策ですが、時期的に「ブト」が出てきます。ブヨとも言います。
主に朝方と夕方で無風状態の時に出てきます。ブトは蚊と違って
刺すのではなく肉を食いちぎり毒素を注入します。
この時に適切な処理をしないと非常に痒くなり赤く腫れあがります。
出来るだけ掻き毟らないで血を絞り出してから薬をつけてください。

登山道での危険ヵ所はほとんどありませんが、今日も下りで足が
もつれて転倒する方がおられました。
ひと言でいえば「登り方が悪い」んです。下ることも考えて登りで
無理をしないようにしてください。

大山寺周辺では、オドリコソウ、シャガ、タチツボスミレ、
コンロンソウ等が見ごろです。
4合目前後ではダイセンミツバツツジが満開です。
7合目から上でのイワカガミはあと1週間ぐらいで見ごろに
なりそうです。

登山というのは楽しいスポーツですが、同時に危険も伴います。
安全に登れるようにお気をつけください。


夏山登山道入口


阿弥陀堂付近


標高1000mのブナ林


ダイセンミツバツツジ(4合目付近)


新緑に覆われた5合目


5合目のブナ林


7合目


タチツボスミレ(7合目付近)


草鳴社ケルンより


標高1600m


9合目から見た山頂台地


山頂小屋手前から見る山頂


山頂から見た剣ヶ峰


登山者で賑わう山頂付近


もうすこしのタニウツギ(大山寺)


オドリコソウ(大山寺)

新着ブログをもっと読む