自然紹介 2019/02/20

2月18日 登山道情報

日本山岳協会の久保ガイドより登山道の情報を頂きました。

2月18日(月)現在の大山夏山登山道の最新情報をお知らせします。

(※今回の画像は山仲間の佐々木ガイドの提供です。)

午前11時の大山寺の天候 晴れ 気温5℃ 無風
午後1時の山頂の天候   晴れ 気温マイナス5℃ 微風

二十四節気は季節の変わる節目を示すものとして使われていて、
2月19日は「雨水」となっています。
空から降るのが雪から雨に変わり、雪解けが進み、この頃から
草木が芽生え始めます。また農耕の準備を始める目安ともされて
きましたが、実際は2月末辺りまでが積雪のピークとなります。

ところが今年は例年にないぐらいに積雪量が少なく、気温も高めで
推移しています。
実際に19日は大山でも雨が降りました。19日の夜はかなりの強風が
吹き荒れて、積雪量も一気に減ってきました。

登山道も春先のような状況で危険な場所はありませんが、
新雪が積もったところを登るよりも現在の登山道のほうが滑りやすく
危険です。
登るにつれ当然気温は下がってきますので、アイスバーンが予測される
時は早めに安全な場所でアイゼンを履いたほうが良いと思われます。
冬山ではまずキックステップの習得で、それだけで登れなくなった時に
アイゼンを履くというのが基本ですが、急斜面での装着は危険を伴います。
ザックを下した時に滑ってしまう。手袋等の小物を落とすと滑ってしまう。
それらを拾おうとするとバランスを崩す。
従ってアイゼンを履く場合は、必ず平たい場所を確保した上で履いて
ください。
6合目辺りまではストックでも対応できる場合もありますが、それより
上を目指すのであれば、ピッケルに持ち替えましょう。
ただし滑落停止が出来ることが最低条件です。
知識だけでは冬山では役に立ちません。
またアイゼンが必要な場所で転倒するとストックでは役に立たないと
思ってください。
基本はアイゼンとピッケルはセットで考えてください。
雪山訓練がしっかりと身についている方はアイゼン無しのピッケルも
アリです。
その日の雪の状態によって臨機応変に対応できれば良いと思いますが、
基本が出来ていないとこの対応さえも無理ですからご注意ください。
ピッケルもアイゼンも自分の命を守るための道具です。
必ず経験者から実地訓練を受けてください。

積雪量が例年よりも少ないために4合目手前付近から5合目上の辺りまでは
抜け穴にご注意ください。
また5合目から6合目辺りもかなり潅木が立ち上がっていますので、
ザックとかを引っ掛けて転倒することが無いように。


1合目


2合目


3合目


標高1200m


5合目


6合目


7合目少し下


草鳴社ケルンを8合目付近から見下ろす


9合目手前


山頂小屋手前


山頂緊急避難小屋


小屋内の明かり取り窓を掘りました


山頂より

新着ブログをもっと読む