自然紹介 2019/04/12

大山の春の妖精(スプリング・エフェメラル)たち


中国自然歩道大山僧兵コースの状況

春の初め、落葉広葉樹が葉を広げるわずかな期間に、その森の地面で花を咲かせる植物を春の妖精(スプリング・エフェメラル)と呼びます。
ところどころに雪が残る大山のブナやミズナラの森で、今、春の妖精(スプリング・エフェメラル)が姿を現しています。


スミレサイシン

葉が展開するより先に花を咲かせる大型のすみれの仲間です。
名前のサイシンとは漢方薬で使われるウマノスズクサ科のウスバサイシンのことで、葉がよく似ていることから。


ミヤマカタバミ

大きな白い花は日がかげると閉じます。大山の森で普通に見られ、群生していると見事です。クローバーのような葉をしています。


キクザキイチゲ

別名キクザキイチリンソウ。大山では生育地が限られます。イチリンソウは多いんですけどね。イチリンソウより花びらが多くて花が豪華です。これも日が陰ると花を閉じる植物です。


おまけ:ダイセンキスミレ

大山の頂上付近に多いキスミレの変種です。頂上では雪が無くなる5月末ごろ花が咲きますが、大山寺周辺ではすでに咲いています。厳密には春の妖精(スプリング・エフェメラル)ではありません。

新着ブログをもっと読む