活動報告 2019/02/24

噴火を想定した避難訓練を実施しました

えびの高原自主防災組織による硫黄山の噴火を想定した避難訓練が実施されました。

毎年行われているこの訓練。今回は各施設・団体に新たに導入・設置したIP無線を使用することによって関係機関の情報共有が一段とスムーズになりました。


一般の来館者の方々にもご協力いただきました。


今回はノカイドウ保全作業をしていたパークボランティアの方々にも参加していただき、大勢で実施することにより訓練もさらに本格的なものになりました。

毎年実施する度に意見交換がされ、緊急時対応がよりスムーズに安全なものになってきています。
より安心安全なえびの高原になるよう様々な関係機関と連携して活動をしていきたいと思います。

新着ブログをもっと読む