自然紹介 2019/06/25

浄土平周辺の開花状況


浄土平湿原 (R1.6/25)

いよいよ 磐梯吾妻スカイラインの再開通が近づきました。
ドライブ、散策、登山などでさっそく浄土平を目指して計画を立てていただいている方も多いと思います。

このスタッフブログで浄土平の自然情報を随時お知らせしていきます。

ちなみにこの写真の場所は 2015年、JR「大人の休日倶楽部」のCM、ポスターで吉永小百合さんが登場されたこともある人気スポットです。
白いワタスゲの果穂がたくさん見られるところですが、今年は見ごろのピークを過ぎたようです。


浄土平湿原のワタスゲ 雨に濡れるとしぼんでしまいます…


浄土平湿原 塩ノ川の橋付近

前回、5月30日の記事で、まだ緑の淡い時期の写真を掲載しているので比較してみてください。


オオカメノキ、ベニバナイチヤクソウ、ノビネチドリ、マイヅルソウ

桶沼へ上る散策路の周辺には、これらのほか ハクサンシャクナゲが見ごろとなる時期です。
また、その一部に、ハクサンシャクナゲの変種である福島県花・ネモトシャクナゲが見られるわけですが、今年、シャクナゲの開花数についてはあまり期待できそうにありません。
くまなく探したわけではありませんが、開花しそうな株を見つけることはできませんでした。

例年、コバイケイソウの開花にも期待が高まりますが、
コバイケイソウもあまり期待はできないような・・・。

開花のピークは7月なので、追加情報は今後もお知らせしていきます。


イワカガミ、イソツツジ、ツマトリソウ、イオウゴケ

イワカガミはピークを過ぎましたが、まだたくさん咲いています。

イオウゴケは花ではありませんが、腐食した木道に生えていました。
“モンローリップ”とも呼ばれる特徴的な姿をしています。

雨の多い梅雨の時期、意外に目をひくのは 白いスポンジ状に湿原を覆っているハナゴケです。
雨により色のコントラストが高まると、白いハナゴケが浮き立って一層目立つようです。


浄土平湿原のハナゴケ

全体的にちょっと地味かもしれませんが、梅雨の時期は、花の種類は豊富なので、
目をこらしていろいろ探してみてください。

池塘や沼からは、カエルの鳴き声も聞こえてきます。


桶沼(おけぬま)

姥ヶ原のチングルマも人気のある高山植物ですが、現在の開花状況は分かりません。
登山された方、確認されましたら、情報をお寄せいただければ幸いです。

咲き残っているものが少しある、くらいの状況と予想しています。
花が終わって、風車の姿になっていることでしょう。

新着ブログをもっと読む