自然紹介 2019/07/23

浄土平周辺の開花状況


ハナニガナ (R1.7/22)

梅雨のころ目に付くのはおもに白い花ですが、今、浄土平湿原を歩くと黄色い花が多くなってきました。
雨の日が多かった今年の梅雨もそろそろ終りかもしれません。

先週見ごろとなっていたハクサンシャクナゲはピークを過ぎました。


駐車場に隣接する浄土平湿原入口

湿原一周は30分程度です。
鎌沼、東吾妻山方面への登山の方は、この木道を右へ進んでください。

(現在、浄土平から一切経山へは登山できません)


イワオトギリ(岩弟切)

その他、いま、黄色で目立っている花といえばニッコウキスゲですが、移入種です。


モウセンゴケ

モウセンゴケの小さな花が見ごろでした。

こんなに沢山あったっけ?というくらい咲いていました。


モミジカラマツ


タヌキの尻尾のようなヤマタヌキラン


メイゲツソウ(明月草) 別名:ベニイタドリ

その他、シラネニンジンの開花が始まりました。

浄土平の各施設は7月20日(土)から再オープンしています。
浄土平のスタッフとしては 今年はまだシーズンが始まったばかりという感覚ですが
山の自然は例年どおり夏を迎えており、始まったばかりなのに、シーズン後半まであっという間だなあと落ち着かない気分です。

夏休み期間、浄土平ビジターセンターでは毎週土曜日 午前10時~
「浄土平散歩♪」と題してどなたでも参加いただける自然観察会を開催していますので
よろしければご参加ください。 参加費は無料です。


磐梯吾妻スカイライン沿線のノリウツギ

新着ブログをもっと読む