自然紹介 2019/10/02

浄土平で秋の星空☆彡


浄土平天文台と秋の星空

秋の訪れとともに空気が澄んできて、浄土平の星空がいっそう美しく輝く季節となりました。
明るい星は少ない秋の星座ですが、
星雲やサラサラときめの細かい天の川など見どころはたくさんあります。

日本一標高の高い公開天文台・福島市浄土平天文台では、引き続き 10月末まで、
夜間星空観望会を開催しています。

毎週水・土曜日 19~21時
標高1600mの高地で、澄み切った大気の中、星々の輝きを満喫してください。
入館・観望は無料です。

悪天候の場合は中止となりますので、お出かけ前に開催の有無をご確認ください。


蓬莱山、一切経山と夏の大三角

もちろん、浄土平天文台の夜間開館のない日でも、浄土平駐車場は開放していますので
マイカーで訪れて星空を楽しむことができます。
公衆トイレも利用可能です。

夜の静寂の中、一切経山(いっさいきょうざん)大穴火口から噴気の噴出音が響くなど
星空と生きた大地を体験することができます。
街灯などは一切ありませんので、暗闇と独特の雰囲気に慣れるまで、
少し怖いくらいに感じるかもしれません。
市街地から1時間程度で訪れることができるこのような場所はなかなかありません。

ただし、今シーズンはアクセス道路の磐梯吾妻スカイラインが一部区間、夜間通行止めとなっているため、17時以降、福島市の高湯側からは上がってくることができません。
夜間は猪苗代側の土湯ゲート(土湯峠)から浄土平を目指してください。
真っ暗な道なので安全運転でお越しください。

防寒具もお忘れなく! 夜間の気温は一桁台まで冷え込みます。
ダウンジャケットなど真冬並みの服装でも大げさではありません。

新着ブログをもっと読む