自然紹介 2020/05/22

雪融け後の小さな花


イワカガミの蕾 R2.5/22

「イワカガミはもう咲きましたか?」という問い合わせが多くなってきました。

早いものはそろそろ咲き始める時期ですが、今のところ浄土平付近ではこの写真の蕾くらいの状態。
あと一週間ほどすれば開花したピンク色の花が目に付くようになると思います。


ガンコウラン

春の花は標高の低いほうから徐々に咲き始めるので、浄土平から微温湯(ぬるゆ)登山道を下りながら様子を見てくるのですが、微温湯登山道は、正式には数年前に“廃道”になっており、整備されていないので道が分かりにくくなっています。
行ったことがない方にはあまりお勧めできません。

まだ残雪もあります。
雪融けを待っていたように、ミネズオウやイワカガミなどの開花が微温湯登山道方面から浄土平へ上ってきます。


ミネズオウの蕾

ミネズオウもまだ蕾。
今週は気温がかなり低い日が続き、開花も進んでいないようです。

ガンコウランなどは花と認めてもらえないような風貌ですが、花のあと沢山の実をつけるので、クマなどの動物たちにとっては貴重な食料となります。


クロウスゴ


ヤナギ

新着ブログをもっと読む