活動報告 2021/02/26

浄土平支部の事業報告


浄土平地区連絡協議会(R3.2/24)

関係機関の皆様にご出席いただき、「令和2年度 浄土平地区連絡協議会」を開催しました。

スライドを使って自然公園財団 浄土平支部の事業報告を行なったほか、令和3年度 事業計画のご説明、情報交換等を行ないました。

浄土平支部は 浄土平ビジターセンターを拠点に、ビジターセンターの運営管理、浄土平周辺の美化清掃、公園施設の維持管理等の活動を行なっています。
浄土平にお越しになったお客様は、私たちが活動している様子をご覧になることもあると思いますが、以下、事業報告のスライドから一部をご紹介します。


毎年、磐梯吾妻スカイラインの開通期間に合わせ、浄土平ビジターセンターの春の開館、冬の閉館作業を行います。
開館期間中は職員が常駐し、周辺の自然案内などを行っています。

多い日は1日に1000人以上の来館者があるビジターセンターですので、換気、消毒など感染症対策にも気を付けています。

自然情報等の発信のほか、けが人等発生時の救助対応、火山ガス濃度の測定、クマ出没時の追い払いなどお客様の安全対策にも取り組んでいます。

磐梯吾妻スカイライン沿線、公衆トイレ清掃、登山道パトロールとごみ拾いなど環境美化活動も日々行っています。

今シーズンは今までなかったマスクごみの散在が目につきました。
タバコの吸殻等の投げ捨ても無くなることはありません。

破損した木道の修繕等を随時行っています。
高山植物の盗掘防止のため、巡視活動も毎日行いました。クマによる掘り起こし跡はありますが、今シーズンは人間による盗掘の被害、痕跡は見つかりませんでした。

活動の一部はスタッフブログの「活動報告」に掲載しています。

浄土平キャンプ場の管理運営、周辺の草刈りなども行っています。
この写真は、
浄土平キャンプ場、 県境尾根縦走路(西吾妻一切経山縦走線)、
東北自然歩道(兎平~幕滝)、 栂平園地 整備の様子です。


今後も 関係機関や有志の方々のご協力を得ながら、快適な利用環境の維持管理に努めてまいります。
人手不足のためスタッフも募集中です。どうぞよろしくお願いいたします。

新着ブログをもっと読む