自然紹介 2021/05/03

5/26(水)、皆既月食


皆既月食中の満月 (過去の写真です)

2021年5月26日(水)の夜、全国で3年4ヶ月ぶりの「皆既月食」が見られます。

過去のジンクス?として、このように私が天文現象の紹介をすると天気が悪くて見られないパターンが多く、記事にするべきか迷ったのですが、全国ですのでどこかでは必ず見られるはずと信じて・・・!
月食の進行時刻は全国共通です。

 部分食の始まり 18:45
 皆既食の始まり 20:09
 最大食     20:19
 皆既食の終わり 20:28
 部分食の終わり 21:53

平日ですが、遅くない時間帯なので観測しやすいです。


国立天文台HPより

今回は月の出と同じ頃に月が欠け始めます。
月の出が遅い地方では、まだ明るさの残った空に欠けた月が昇ってくることになります。

5月26日の満月は今年もっとも地球に近い距離にあるため、最も遠い満月に比べて14%大きく、約30%明るく見える「スーパームーン」です。 鋭い観察眼の持ち主はそのことに気が付くかもしれません。

通常、満月の夜は月明りのせいで星は見えづらくなりますが、皆既月食中は満月が地球の影に入るため夜空が暗くなり、赤暗い「赤銅色」の満月が星空に浮かぶ神秘的な眺めとなります。
この日、満月はさそり座の頭のあたりにあるため夏の天の川も近く、空の条件のよい場所では赤い満月と天の川が同時に楽しめそうです。

ちょうど水曜日の夜なので、福島市浄土平天文台では夜間開館が予定されています。
月食自体は街の中でも十分楽しめますが、天の川がふつうに見られる好条件の浄土平ではいっそう印象的な眺めになるのではないでしょうか。

新着ブログをもっと読む