自然紹介 2021/05/26

浄土平で見た皆既月食


浄土平で見た月食(皆既の少し前)  R3.5/26 19:51頃

たいへん話題になった今回の皆既月食、各地で夜空をご覧になった方も多いと思います。
ただし雲が多かったため、ほとんど見えなかった地域も多かったようです。

浄土平では、曇っていた日中に比べると、夕方から青空の面積は広くなっていましたが、月が昇ってくる南東~南にかけては低い雲がずっとかかっていて、雲越しにぼんやり見えたり見えなくなったりする月を、もう少し晴れてくれ~ と祈りながらの月食観測となりました。

西風があり、やはり夜の標高1600m、浄土平は寒かったです。


吾妻小富士の陰から昇ってきた月(左下が吾妻小富士の稜線)  R3.5/26 19:50頃

浄土平駐車場付近から見ると、今夜の月は 吾妻小富士と桶沼の間から昇ってきます。

吾妻小富士の陰になるため平地に比べると月の出はその分遅く、雲もかかっていたので、このように月を見始めた頃にはすでにかなり欠けていました。


ほぼ皆既中の月   R3.5/26

肉眼では赤銅色といわれる赤暗い色までは分からなかったのですが、
写真に撮るとスーパーブラッド(フラワー)ムーンと呼ばれる所以も分かるような、皆既月食特有の色と雰囲気が分かりました。


皆既月食の夜、にぎわう浄土平駐車場  R3.5/26 20:10頃

今夜は 福島市浄土平天文台の夜間開館も行われ、皆既の時間が近づくと、続々とお客様が来浄されました。
昼間の駐車場よりも賑わっていたかもしれません。

皆既食が終わるころには雲が広がり、星もほとんど見えなくなってしまったためお客様もあっという間に下山されたようです。


ちなみに次回は今年11月19日(金)、月が98%近く深く欠ける「部分月食」があります。
磐梯吾妻スカイライン・浄土平は冬期閉鎖後です。

新着ブログをもっと読む